カードローンで大きなお金を借りたい場合

カードローンの利用ですが、
少しでも大きなお金を借りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そのようにに大きなお金をカードローンで利用したい時にはいくつかのコツがあります。
まずが、消費者金融と銀行のどちらを選ぶのかということです。
大きな額を利用する場合には、間違いなく銀行を選んでいくべきです。
限度額が500万円や700万円、そして1000万円というところもありますので、
大きな額を借りたい時にはかなり適している存在です。
ただし、消費者金融でも銀行と提携を結んでいるところもあります。
そのような場合には、そちらを利用してみてもよろしいのではないでしょうか。

いっぽうで、おおきな額を借りたい場合には、収入というものが関わってきます。
総量規制というものがあります。
年収の3分の1以上の借り入れができないというものです。
ですので、おおきな額を借入したい場合には、自身の収入額を証明していく必要もあります。
源泉徴収票や給与の明細書のほうを利用していくといいでしょう。
そちらで年収が600万円と照明できたら、
200万円まで借り入れができるようになるケースもあります。
ただし審査がありますので、確実に3分の1まで借りられるというわけではありませんので、
そちらについては前もって知っておきましょう。

「お金を借りる」ということ

昔は、カードなんてダメでしょ!…と思っていました。
今は…持っています。何枚も。
日常的に使っています。
…ちゃんと返していますよ!(笑)
毎月いろいろな場面で、お金を借りては返し、借りては返しの生活です☆

利息を払う時もあれば、利息がかからないように“考えて”使ったりもしています。
普段は、利息がかからないように。
緊急時は、利息も“必要経費”と考えて。

「カネは天下のまわりもの」
という言葉がありますが、この場合の“まわる”に“借りる”は含まれているのでしょうか。
“お金を借りる”って、なんだかクラ〜いイメージが漂いますが、でもお金が世の中にまわらなかったら、逆に世の中がクラ〜い感じになちゃいますよね?!
そうそう!
やっぱりイイコトなんです☆
お金はどんどん(…ほどほどに?)世の中にまわしてあげましょう♪

あ。
返すこと。コレ基本ですよ(^ ^)b
“まわす”んですから☆
お金は楽しくまわしましょう♪

“返せるなら借りるな!”…?
いいえ☆
世の中の健全な循環のひとつなんですから!
いいじゃないですか(*^o^*)

実際、昔より随分変わりましたよね?
法整備なんかのおかげもおおいにあると思いますが。
…だからクラ〜い感じが抜けたのかな?

カードもオシャレだし☆
ポイントも貯まったりするし♪
ホント!
ここまで来たらもう、お財布みたいなモンですよね☆

“お金を借りる”イコール“お財布からお金を出すこと”
“お金を返す”イコール“お財布にお金をしまうこと”…かな?
ちゃんとまた“お財布”にお金しまっておかないと、また使いたい時使えなくなっちゃいますもんね☆

…そんな感じで、イイんじゃないでしょうか♪♪

ホームページ テンプレート フリー

Design by